脊柱管狭窄症の治療方法を知りましょう~ホネホネ元気~

病棟

繰り返すめまいの病気です

男性

リンパ液が増加します

突然のめまいや吐き気を伴う病気にメニエール病があります。めまい以外にも難聴や耳鳴りなど、聴覚に関する症状が現れる特徴があります。めまい発作は時間が経つと治まりますが再発する恐れもあり、日頃から予防が必要です。めまいの原因は内耳にあるリンパ液の量が増える事で生じます。内耳周辺には二種類のリンパ液が流れていて、内リンパ液が増加すると皮膜が破れ、外リンパ液と混ざってしまいます。リンパ液の変動が三半規管や耳石に影響を与え、平衡感覚が崩れてめまいを生じさせます。メニエール病のようにめまいを生じる病気はさまざまで、突発性難聴や前庭神経炎などがあります。メニエール病のように頻繁にはめまいが起こりませんが、症状が似ているので、早期に耳鼻咽喉科を受診し治療をはじめましょう。

薬物療法で回復させます

メニエール病の治療法は薬物療法が中心となります。まずはめまいや吐き気を抑えるために抗めまい薬を使用して、神経の高ぶりを押さえていきます。自律神経の乱れを治療することも大切です。自律神経調整薬を使用して興奮した視床下部を落ち着かせます。内耳のリンパが増加する症状を内リンパ水腫と呼び、リンパのむくみを解消するために利尿薬も治療に使用されます。また、血流の流れを良くする血流改善薬は、めまいを軽減させてくれます。薬物投与の治療で改善されなかった場合、手術の方法があります。内リンパ水腫に直接穴を開けて、蓄積された水分を引き抜いたり、前庭神経を切断することで平衡感覚の崩れを改善させる方法もあります。治療は薬物療法でほぼ回復する為、手術はまれな手段といえます。