脊柱管狭窄症の治療方法を知りましょう~ホネホネ元気~

病棟

更年期を乗り切りましょう

看護師

症状に個人差があります

更年期を迎えると、女性の2割から3割ほど日常生活に差し障りがあるほど身体的、精神的につらい症状が現れることがあります。更年期障害は個人によって症状や程度が異なり、男性においても現れる事もありますが、女性と中心とした症状といえます。更年期になると、卵巣機能は低下することで女性ホルモンが減少していきます。ホルモン分泌の乱れが更年期障害の原因の一つといわれています。また、その人の培ってきた性格や、生活環境の変化も要因となります。主な症状にホットフラッシュといわれる突然ののぼせや、めまいや片頭痛などが挙げられます。動悸や息切れなどから不整脈が見つかることもあり、自律神経の乱れからくるものが多くあります。

精神面のケアが大切です

更年期障害の身体的症状だけでなく、精神的な負担が数多くあります。イライラが続いたり、不眠や憂うつ症状に悩まされることもあります。そのため、更年期障害の治療には薬物治療だけでなく心理療法による精神的ケアが大切になります。不安や憂うつ状態が長く続くとうつ病の発症に繋がる事もあり、抗うつ剤や抗不安薬を使用していきます。また、更年期の原因である女性ホルモンのバランスの崩れを整えるためにホルモン治療を行います。女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると脳の下垂体が過剰に反応するため、多汗やほてり、肌荒れなどの症状を引き起こします。ホルモン剤を投与する治療を行うことで閉経前の状態に体を整え、これらの症状を抑えてくれます。